にょき生の活動スタイル・方針 – 夢がにょきにょきプロジェクト

にょき生の活動スタイル・方針

blog

にょき生たち、及び関係者の方のために活動スタイルや考え方をお伝えしたく下記にまとめてみました。

こういった考えや方針の元に今後の活動が行われると思っていただければと思います。

1,有名になるための2つの条件

ネットの影響力が大きくなっている時代ですが、変わらずテレビの影響は大きいです。テレビに一切でなくても有名でファンも多くイベント動員数が軽く1000人を超える方も多くいます。

ですが、テレビの影響力は変わらず大きいです。それを踏まえて有名になるための要素を「テレビに出る」「テレビに出なくても有名になる」と2つにまとめました。

1.有名になるためにテレビに出る 

冠名が必要です。●●世界一チャンピオン。M-1チャンピオン。AKB48の●● のように冠名だけで多くの人が興味を持てる物を持てるかどうかが非常に大きいです。これは雑誌、新聞の取材も同じです。「一言で話題を説明でき視聴者や読者の興味を引けるもの」が取り上げられるからです。

にょきにょきの●●とゲームが人気になれば、タレントが有名になれる冠をつくる事ができます。

“にょきにょき”という冠名を大きくする事がタレントが有名になる方法の1つと考えてます。

2,ファンの数。

見た目よりも、ファンの数。どれだけの影響力があるのか。スポンサーやイベンターはこの数字をみてタレントに仕事の依頼をします。私の会社も見た目やキャラクターももちろん大事なのですが、最後に依頼いする時はやはり「数字」の影響力で判断してしてしまいます。

まだ無名の新人を起用して話題をつくる!といった仕掛けは極稀です。殆どの仕事は「タレントのスキルよりも影響力」で判断されます。

ただ、タレントの見た目・トーク力等がないとファンが増えないのも事実です。ですが、見た目がいいからファンが付くわけではありません。

「ファンに喜んでもらうためには、ファンが増えるためには」 が重要です。

見た目やスキル ≠ ファンの数

これを肝に銘じていただきたいと思っています。

2,活動方針。セルフプロデュース重視!

「ファンに喜んでもらうためには」につながるのですが、自分自信が輝いているのが一番ファンの人に喜んでもらうと考えています。なので企画にタレントをハメるのではなくタレントから企画を考えていきたいと考えてます。

「にょき生」には何か指示されるのを待つのではなく、にょきにょきを通じて「こういう事がやりたい!」と考えて発言していただく事が必要です。
必ず売れる企画というは、どんなに天才プロデューサーでも作れません。「売れると信じる企画をやり続ける」から成功につながるのです。

企画を信じるためには、自分がやりたいと思う企画をするのが一番と考えています。

16歳の頃に出会った”みちゃきちゃん”の「絵が好きだから、絵を仕事にしてみたい」という言葉から企画を立ち上げました。
すぐに企業からの仕事をいくつもオファーが来ました。

「好き」という想いを種に「企画」という芽を出す。「成功」という花が咲くために「継続」していく。そのサポートをしていくのがプロデューサー含めにょき生のメンバーと考えています。

3,僕らの強み。

  

事務所に所属したけど仕事がない。制限があって個人でやっていた時より自由に動けないなど少なくありません。


自社企画で様々な活動ができるのでチャンスの数が違います。 ライブやイベントの他に番組やメディア運営をしているのが強みです。本社のセブンコードはWEBのプロモーションの会社ですので多くの企業クライアントを抱えています。企画立案から実行までのスピードが違います。

みちゃきちゃんや芸人なったんも番組運営して多くの企業様からオファーをいただくようになりました。

番組事例

セブンコードと仁井谷社長が出会ったのもこの企画からです。

4,ゆめにょきのビジョン「世界一有名なゲームユニットになる!」


世界一有名なゲームユニットになるために、まずは2020年には地上波テレビ番組の枠を自前で買いたいと思ってます!
テレビからのオファーを待つよりも自分で持ったほうが早い(゚∀゚)
あとは予算の関係ですね。 自前で予算を出しても赤字が出ない体制を作るのが前提です。
このあたりのプロデューサーの意図を理解してもらったり企画を考えたりするためにも前述のセルフプロデュース力を磨いて欲しいと思っています。
テレビに出してもらうんじゃなくて、自分でテレビ番組の企画を成立させる!ゆめにょきはこのようなチームになって欲しいと考えてます。
  

5,誰もが躓く三箇条

勘違いするな!
 ある程度ファンが付くと、ファンがいる事が当たり前になる人は少なくありません。自分のためにファンがいるのではなく、ファンのためにタレントがいます。誰かを元気にさせるのがタレントの仕事です。
 また、運営スタッフも同じ仲間であります。タレントをチヤホヤするために存在しているわけではありません。イベントや番組で色々なスタッフの方と出会います。ムカつくスタッフも正直存在しますwでも、みんな同じステージに立つ仲間です。どんなに有名になっても替えはいくらでもいるという事実を忘れてはなりません。唯一替えがいないタレントはファンからもスタッフからも愛されている人なのです。(゚∀゚)

アンチに負けるな!
 同じくある程度ファンがつくと、かならずアンチさんが現れます。アンチが現れたら自分のレベルが上がったんだなと喜んでください。そしてアンチさんはいなくなる事はありません。タレント、スポーツ選手、どの業界でも、どれだけ実績を残したすごい人でもアンチさんは必ずいます。言い換えると「アンチがいる=人気がある」という事です。もしアンチに負けそうな時がありましたら自分の大好きなタレントを2chで検索する事をおすすめしますw あんまり深入りすると病んでしまうので、こういうもんだと早めに割り切るようにしてくださいね。(ー_ー;)

一人で抱え込むな!
 有名になるという事は仕事が増えます。また伸び悩むという事は何かが足りてない証拠です。僕自信もよく悩みますw 一番良くないのは無理して頑張って潰れてしまう事。しんどい事、嫌な事は早めに私に相談してください。正直、無理してがんばって潰れる人をたくさん見てきました。何で相談してくれなかったのか。プロデューサーと偉そうな事を言ってますが、私も人間です。察しろ言われても限界があります。言葉にしてくれないとわかりません。また相談するほど信用できないというのであれば、私と仕事をするべきでないと考えてます。一緒に仕事をするのなら信頼して相談して欲しい。僕からお願いする唯一の約束事です。

至らない事はたくさんありますが、こういう考えを持ったプロデューサーです。一緒に苦楽を共にして「夢をにょきにょき」して行きたいと思います(゚∀゚)

仁井谷社長と"何か立ち上げ隊”

ぷよぷよの生みの親「仁井谷正充」でにょきにょきプロジェクトを立ち上げませんか?

オンラインサロン

関連記事一覧